【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術

ディグロッケのサムネイル都市伝説
 
以前の記事でUFOについて色々書きましたが、今回はそこでチラッと紹介していたディグロッケというUFOについての記事になります。
 
以前の記事を読んでない方は合わせて読んでもらうといいかと思います。
 
 
 
スポンサーリンク

ディグロッケとは

Dieglock1 - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
出典:By WeskerX – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22076533 
 
ディグロッケは、ナチスが戦時中に極秘裏に研究開発を行っていた航空兵器です。
 
見た目は高さ3.6~4.5メートル、幅2.7メートルで鋼鉄製の釣鐘を模した形になっています。
 
そのことから、別名ナチス・ベルとも呼ばれています。
 
戦後1940年代後半を皮切りにUFOの目撃が増えていくのですが、この釣鐘型の未確認飛行物体の目撃情報は多数報告があるんですよね。
 
そして、第二次世界大戦から約半世紀経った1997年、ポーランドの軍事ジャーナリストであるイゴール・ウィトコウスキーが旧東ドイツの秘密情報機関から流出したと思われる、ナチス親衛隊の尋問調書を閲覧したことで、この兵器の存在が世界に知れ渡ることとなったのです。
 
では、本当にナチスは現代技術でも表向きには開発不可能と言われるUFOの開発を成し遂げることが出来たのでしょうか?
 
 
スポンサーリンク

ナチス・ヒトラーが求めた超古代技術

h - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
 
ナチスの総統であるヒトラーという人物は結構謎めいていまして、未来を見通す力があったなんて話もあります。
 
そんなスピってるヒトラーは、エジプト文明、メソポタミア文明、シュメール文明などの古代文明より遥か太古の昔、アヌンナキが地球にいたとされる時代の超古代の文明に魅了されていたのです。
 
いやー、最高にスピってますよね(笑)
 
一応、アヌンナキに関する記事も置いときますね。
 
 
 
 

帝王ヒトラーの思想を形成させた結社

 
 
ヒトラーが、いつから反ユダヤ主義のような思想を持つようになったのかは明確には不明ですが、
なぜヒトラーはこのようなスピリチュアルに興味を持ったかというと、「トゥーレ教会」の存在が大きいのではないかと思います。
 
トゥーレ協会というのは、1918年にドイツのミュンヘンで結成された秘密結社です。
 
hakenkreuz e1627978870729 - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
 
元々は、ゲルマン騎士団という反ユダヤ主義者のカルト的な団体の非公式支部として設立されており、鉤十字と剣をシンボルマークとした組織です。
 
当初は、古代ゲルマン語の神秘を解読・理解することを目的とした神智学・神秘学研究集団であり、オカルト性の強い秘密結社だったのですが、次第に政治色が強まり、アーリア(インド、イランに定住した種族)主義を唱え、人種差別・反ユダヤ的プロパガンダを広めるようになり、のちの「ナチ党」になるわけですね。
 
政治色を強めたとはいえ、その一方では学者達を集めアジアの古代遺跡や古記録保存所から発掘した文献類を分析・研究させていたとも言われています。
 
ヒトラーは第一次世界大戦後に、トゥーレ協会と自由労働委員会が合併して生まれたドイツ労働者党」(のちにナチ党に改名)に入会するのですが、もちろんその会員達の多くに神秘主義に精通したオカルティスト達もいるわけなので、多大な影響を受けることになるんですね。
 
 

古代インドの叡智ヴィマナ

 
ヒトラー含むドイツ人はキリスト教を主とした国家だったのですが、ヒトラーは成長するにつれキリスト教に反発するようになり、ドイツ人がキリスト教に改心する前、古来ドイツ人とされるゲルマン人が本来進行していた宗教の復興を目指したのです。
 
このゲルマン人を始祖とする種族がアーリア人であるとされているため、アーリア人種の起源の研究を始めるわけです。
 
研究の結果、言語的な由来などから、アーリア人の起源はインド北部のチベット周辺の可能性が見いだされます。
 
こうしてチベットの調査に入るのですが、その中でヒトラーはチベット密教の超自然的神秘性に惹かれることとなります。
 
このチベット密教との出会いがディグロッケを生み出すきっかけとなるのです!
 
チベット密教とディグロッケにどんな関係があるかと言うと、チベットにも伝わる古代インドの二大叙事詩の話に繋がります。
 
古代インドの叙事詩には『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』の二つが存在し、どちらも紀元前からの伝説をまとめられた作品です。
 
そこでは、神々の戦争についての物語が描かれています。
 
そして、どちらの作品にも空飛ぶ宮殿として「ヴィマナ」という釣鐘型の飛行兵器が描かれているのです。
 
The Celestial Chariot vimana - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
Wikipediaより引用ーthesandiegomuseumofartcollection – Flickr, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=38310502による
 
ヴィマナはまさにUFOのように高速で飛行し、宇宙空間でも飛行を可能としているのです。
 
このヴィマナがナチスが開発したディグロッケの元となったのではないかということですね。
 
ただ、文献だけでこんな超技術を完成させるなんてのは現実離れしているので、チベットの遺跡などの調査・研究する過程で実物を手に入れたのではないかとも言われています。
 
実際ナチスは、チベット密教で言い伝えられる伝説の楽園シャンバラやアトランティスの文明の痕跡があるとされる南極に調査隊を派遣もしていたそうです。
 
この調査で超古代の叡智を手にすることが出来たのかは謎ですけどね。
 
 
スポンサーリンク

あとがき

 
僕のイメージではヒトラーはもっと現実主義者だと思ってましたが、結構夢見がちな部分もあるのはビックリでしたね(笑)
 
でも、ディグロッケが開発されたかどうか関係なく、ナチスの科学力は当時はそれこそ世界一だと言っても過言ではないわけですから、超古代の文明は現代より発展しており、その一部をナチスは発見していたかもしれませんね。
 
 
ということで、今回はこの辺で!
 
 
スポンサーリンク

もっと知りたいあなたへ

 

都市伝説好きの皆さん!

あの都市伝説テラーでおなじみのMr.都市伝説関暁夫さんも仰っていますが、都市伝説を紐解くには『”点”と”点”を”線”に変えていけ、自分の感度を高めて気づいていく』必要があります。

当ブログでも、都市伝説を”点”で提示し、その”点””点””線”にできるような内容で皆さんに提示しています。

それでもまだまだ都市伝説を知りたい、”線””面”にしていきたい!という方は、関さんの著書もおすすめです!

大から小まで、テレビでは語れなかった事までいろんな都市伝説が語られていますので是非読んでみてください!

11a94008c8d000bbc85522a332337cbf - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説7 ゾルタクスゼイアンの卵たちへ
ベストセラーシリーズ「関暁夫の都市伝説」第7弾。 テレビでは絶対に言えない話が満載。

さらに僕も一押し、こちらは今YouTube界でも最もキワキワな都市伝説を話してくださる『ウマズラビデオ』さんが書かれた都市伝説本です!

世界の創生から未来のことまでかなり詳細に書かれており、ロマンにあふれたドキドキ本です!

是非読んでみてください!

a3b2d9e6e898029df20eed9954cac12b - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
シン・人類史
Amazonでウマヅラビデオのシン・人類史。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

それと、動画のクオリティが都市伝説系YouTuberの中ではずば抜けている『NaokimanShow』さんの本ですね!

都市伝説好きな方は皆さん知っているかと思いますが、やっぱり話が分かりやすいので誰にでも進めやすいですよね。

e8fa757ea865a4094c050e9bfa5d8f20 - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
ナオキマンのヤバい人類支配の秘密
ナオキマンのヤバい人類支配の秘密
c8402a58a2ef0a7bd1e23c0e9045d3d2 - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
ナオキマンのヤバい日本の秘密
ナオキマンのヤバい日本の秘密
ea7fcecd1293c53af6d6189ba51f12cb - 【都市伝説】ディグロッケとは ヒトラーが求めたアヌンナキの超古代技術
ナオキマンのヤバい世界の秘密
ナオキマンのヤバい世界の秘密

ナオキマンさんが扱う動画は、どれも都市伝説が好きな方が好むロマンのある話が多くてワクワクしちゃうような動画ばかりです。

本はもちろんなんですけど、動画だけでも無限に見れますのでおすすめです(笑)

本は、動画では話せないもっとディープな内容が書かれているので、動画の部分だけでは満たされない方はぜひ読んでみると面白いと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました